脱退Withdrawal

出資金返還について

東京大学を離れる方へ(卒業・退学・退職など)

東大生協のご利用誠にありがとうございました。
卒業、退職などで東京大学を離れる方で、今後東大生協のご利用予定の無い方は、今までお預かりした出資金をお返しします。
詳しい手続きはページ下部をご覧ください。

※「学食パス」の残高がある方については、使い切っていただくようお願いいたします。

3月に卒業予定の方には、12月中旬に脱退手続に関する案内をお送りいたします。
案内をご確認いただいた後、お手続きいただきますようお願いいたします。

引き続き東京大学に残る場合

(東京大学の大学院に進学の方、卒業予定年が変更になる方、教職員になられる方など)引き続き在籍される場合 出資金返還手続きは行わず、下記にて組合員情報の変更手続きをお願いします。

東大生協組合員情報変更申込フォーム

所属や卒業予定年変更の場合、新しい組合員証は、例年3月末までに生協から郵送いたします。
3月末までに届かない場合はご連絡ください。
住所変更もこちらのフォームで行っていただけます。

定款第11条に基づく自由脱退の場合

毎年11月末日までに申請があった場合は、翌年2月末日以降に返還いたします。
12月以降の申請の場合は、翌々年の2月末日に返還となりますのでご注意ください。
なお、東大生協より扶養者の方へ確認をとらせていただく場合がありますので予めご了承ください。

<東京大学消費生活協同組合 定款>
第11条 組合員は、事業年度の末日の90日前までにこの組合に予告し、当該事業年度の終わりにおいて脱退することができる。

生協出資金の返還手続きについて

「窓口」/「郵送・振込」いずれかの方法でお願いします。

3月に卒業予定の方には、12月中旬に脱退手続きに関する案内をお送りいたします。
案内をご確認いただいた後、お手続きいただきますようお願いいたします。

窓口

ご本人がお越しになる場合

  • 組合員証と印鑑をお持ちの上、下記窓口までお越しください。
    ※組合員証を紛失されている方は、学生証・職員証などの身分証明書をご持参ください。
  • 窓口で脱退申請書をご記入いただきます。
  • お預かりした出資金を現金でお返しいたします。

※組合員証はその場で回収いたします。
期限付きの「仮組合員証」の発行が可能ですので、必要な方はお申し出ください。

代理人の方がお越しになる場合

  • 組合員証と印鑑のほか、以下がいずれも必要となります。
    ①脱退される組合員ご本人の自筆の委任状

    以下の項目を直筆でご記入ください。様式に決まりはありません。

    • 委任年月日
    • 委任者の氏名・住所・生年月日・電話番号
    • 受任者(代理人)の氏名・住所・生年月日・電話番号
    • 委任内容(出資金返還を委任する旨をご記入ください)
    • 押印 認印(シャチハタは不可)
    ②代理人の方の、代理人ご自身を証明できるもの(学生証・職員証など)
  • 窓口で脱退申請書をご記入いただきます。
  • お預かりした出資金を現金でお返しいたします。

郵送・振込

1. 以下の書類を下記まで郵送ください。

  • 組合員証
  • 脱退申請書
    姓が変更となった場合、変更前の姓もご記入ください。
    口座情報についてもご記入お願いします。名義はご本人様もしくはご家族様名義のみです。
    日本国内の金融機関をご記入ください。

※退学の場合は退学証明書等、証明できる書類のコピーを同封してください。
証明書の添付のない場合は卒業予定年度末、あるいは自由脱退の扱いに準じる返金となります。

送付先:
〒113-0033
東京都文京区本郷7-3-1
東京大学消費生活協同組合 組合員センター内 出資金担当 宛

2. 生協で確認後、振込みで出資金をお返しいたします。

※振込手数料をご負担いただきます。
※書類の到着後、振込まで1ヶ月程度お時間をいただく場合があります。

3月に卒業予定の方には、12月中旬に脱退手続に関する案内をお送りいたします。
案内をご確認いただいた後、お手続きいただきますようお願いいたします。

窓口

本郷・浅野・弥生 組合員センター
(二食建物2階、都営バス「東大構内」バス停そば)
本郷の地図
駒場 生協事務室 駒場の地図

※新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、窓口の対応時間を通常営業時間より短縮しております。
時間はこちらでご確認ください。