学部と大学院の違い

研究生活チェックポイント

研究計画を立てよう

研究は研究テーマを決めるところからはじまります。特に大学院で遂行可能な、数年のスパンの「研究計画」を立てることは不可欠です。さらに、これを大学院卒業後の研究の展望の中に位置づけていくことができると理想的といえます。研究計画を立てるには、まずは研究分野の先行研究の状況を知ることです。その上で、先行研究に欠けているところを発見することが、自分の具体的な研究課題を定めることにつながります。たとえば、理論系の研究なら先行研究の理論の不整合を発見しそれを正すこと、実験系ならある物質の収率を上げることなどが具体的な研究課題として見えてくるでしょう。

ゼミと研究会に参加しよう

多くの研究科では、発表・討論形式の授業が「ゼミ」と呼ばれています。大学院生の多くは、講義ではなくゼミを中心に履修計画を立てています。 正規のゼミ以外に、自主的な研究会も多く開かれています。こうした研究会はゼミより参加人数が少なく、互いに専門が近い研究者が集まります。また、90分〜100分程度という時間の制約があるゼミと異なり、2時間から長いときには5時間以上にもわたって議論を深めることもできます。このような場を通じて互いの研究の情報を交換し、コメントしあうことは非常に有益です。こうした研究会にも参加して研究技術を磨きましょう。

研究生活を楽しもう

見落としがちですが、「研究生活を楽しむ」という態度を持ち続けることも大切です。研究のためだけに大学に来るようになると、精神的に追いつめられることになり、結果的に研究にも悪影響が出ることになりかねません。また、教員以外に先輩から学ぶことも多いことが大学院での大きな特徴でしょう。先輩方も皆、それぞれの先輩から教えられて成長してきた経験を持っています。快く相談に乗ってくれることでしょう。特に、論文や、学振(p. 10参照)の申請書を書いたときは、必ず先輩に見せてコメントをもらいましょう。個人的に先輩と仲良くなれば、研究発表だけからはわからない、研究にかける想いや長期的な研究目標を聞くこともできるでしょう。

学会に参加しよう

学会には大きく分けて三つの機能があります。第一に自分の研究の発表の場。第二に情報収集の場。第三に研究者同士の交流の場です。したがって、発表するメリットは当然ですが、発表しない場合にも学会に参加することには大きなメリットがあります。各学会のホームページやポスター、口コミなどで情報を確認しましょう。 世界中から研究者の集まる大規模な国際学会もあれば、毎回数十人程度が参加するアットホームな学会もあます。一般に規模の大きな学会は、第一線の研究者が多く集まるのが大きな魅力です。一方、規模の小さい学会には研究者同士の親睦を深めやすいというメリットがあります。

文献検索のススメ

理系・文系問わず、研究において「文献検索」は最も重要なスキルの一つです。しかし、研究・勉強に必要なための図書は東大図書館のOPAC(右下のサイト参照)を利用して探すことができる上、以前は検索が手間であった専門的な論文も、近年は専用サイトを用いて気軽に探すことができるようになってきています。下によく使われる文献検索サイトを紹介しましたが、分野ごとにより専門的な検索サイトがあるので、先生や先輩に聞いて自分の分野で主に使われる検索方法をまず押さえておくことが大事です。
被引用数やインパクトファクターから自分の研究分野で重要な論文をある程度目安にできます。文献検索をマスターしてガンガン論文を読んでいくことが研究の入り口になるでしょう。

主要な文献検索サイトの紹介

CiNii :日本語の論文を検索する際に使われることが多い
GACoS :文献等の学術情報を横断的に検索する東大のサイト
Google Scholar :学術論文に特化したGoogleのサービス
Web of Science :主に理系を中心に使われることが多い
Web of Scienceなどは東大の認証を通さないとアクセスできないので注意しましょう。
ECCSのアカウントを使えば外部からもアクセスできるので、ぜひ活用しましょう。

東京大学附属図書館

東大の蔵書検索だけでなく、文献検索サイトも数多く紹介しています。
キャンパス間の取り寄せサービスも利用でき便利です。

理系のHOW TO 研究体験談

理系の研究の進め方は理論系・実験系のどちらの研究室に所属しているかで決定的に違ってきます。

実験系の場合

理論系の研究室に比べると、飛躍的に研究室内でのコミュニケーションと協力が大事になってきます。研究方法や結果などのディスカッションに加えて、実験にはマシンタイムの調整など実際的な問題がつきものだからです。また、現実的な問題として、実験の長い拘束時間に耐えられるだけの体力・精神力も大事になってきます。自分の限界を越えるような無理をせず、研究室のメンバーと協力していく能力が最も大事かもしれません。

理論系の場合

理論系の場合、研究室メンバーとのディスカッションはもちろん重要ですが、個人で進めていくこと基本になります。研究のためには教科書を読んだりする座学も大事ですが、最新の論文を読みこなして、自分の手で実際にしていくことが大事になります。また、プログラミングなどのパソコンスキルが強い武器になることも多いです。

文系のHOW TO 研究体験談

私の専門である哲学系では、被引用数やインパクトファクターといった指標はあまり重視されていません。このため、文献を探すときにはCiNiiなどで検索して手当たり次第に論文を漁ることと、それらの論文で言及・引用されている論文・著作にあたる「芋づる式」の組み合わせが基本になります。しらみ潰しに論文を漁ると聞くとひるんでしまうかもしれませんが、自分の研究テーマでキーワード検索すると20件くらいまで絞り込めることがほとんどです。このほか、特にアメリカやイギリスでは研究テーマごとに初学者向けのアンソロジーや入門的な教科書が多く出版されています。そうした教科書を手がかりに文献集めをスタートさせることも有効でしょう。
こうした過程の中で興味深い議論を展開している研究者を見つけたら、その研究者の著作・論文をたどることも有益です。これらを組み合わせて、研究を進めてゆくことになります。

学術・研究費編

大学院で研究してゆく際の大きな懸案として、経済的な負担があります。ここでは、学振特別研究員などの助成制度について紹介します。

学振特別研究員制度とは

学振特別研究員制度とは、文科省所管の独立行政法人である「日本学術振興会」が行なっている、優れた若手研究者を支援するための制度です。しばしば「学振」と省略されます。学振には、博士課程在学者向けの「DC」と、大学院博士課程修了者向けの「PD」があります。さらにDCには博士課程の1年次から3年間採用の「DC1」と、博士課程2年次以降から2年間採用の「DC2」があります。以下では、DCに内容を絞って説明します。
学振DCに採用されると、研究奨励金(何に使ってもOK)として毎月20万円、また研究費(パソコンや専門書など研究目的のものが対象)として毎年最大150万円が支給されます。これらは返還義務がありません。また、特別研究員になると研究専念義務というものが生じ、大学での非常勤講師、TA・RAを除いてアルバイトが禁止されます。

どれくらいの人が採用されている?

2009年度学生生活実態調査より「博士課程在籍者の学振採択・応募状況」

  • 02学振を受けている
  • 03学振を受けたかったが受けられなかった
  • 04学振を受けたくない
  • 05学振を受ける必要がない

学振を受けている人(29.5%)・学振を受けたかったが受けられなかった人(46.6%)を応募者全体と仮定すると、東大院生の採択率は39%となります。学振ウェブサイトで公表されているDC1採択率が3割弱なので、東大院生の採択率はやや高いと言えるでしょう。

学振の応募プロセス

ここでは平成25年度採用分のDC1の応募プロセスを時系列順に紹介します。なお事務関係の日程は、一例として理学系研究科の場合を示しています。来年度の日程および各研究科毎の事務手続きの詳細は、各学科の事務にお問い合わせください。

学振の応募プロセス

学振ウェブサイト

先輩の学振申請体験談

P.N.:movcresさん 理学系科研究科 博士2年

特別研究員(DC2)に採用内定予定を頂きました。応募動機は率直に言って、安定した生活費と自らの裁量で利用できる研究費に魅力があったからです。こんな野暮な動機で学振に臨みましたが、今振り返ってみると、学振に通るまでの奮闘は何事にも代え難い経験になりました。

■申請に向けて

まずそれまでなんとなくデータを蓄積していた研究態度を改め、国際学会と論文投稿を申請までに済ませることを常に意識しました。また、修論および業績報告会のプレゼンがそのまま学振の「これまでの研究内容」に転用できるように中身を練りました。これらに悪戦苦闘しているうちに、自分の研究の学術的・社会的な価値が掴めるようになり、一番の問題であった研究計画も自分の言葉で書けるようになってきました。ただここには思い込みが相当混じるので、内容を研究室の先輩後輩に読んでもらい客観的なコメントを貰いました。また教員の方には、内容がより論理的・独創的かつ萌芽的に感じられるような文章構成・言回しを教わりました(さすがに教員の方々は皆この点でベテランです)。

■申請を通して学んだこと

自分の研究に当事者意識を持つことの重要性を学びました。院生の研究は大きな研究プロジェクトの一部として見なされがちなので、これは意外と難しいことだと思います。ですが、意地でも学会に出てやろう、論文をかいてやろうと思えば、自然と意識が出てくるものですし、研究生活そのものも良い結果になってくるものと思います。

■最後に

博士課程まで残るつもりで大学院に進学するなら、学振の応募を試金石だと思って、日々の研究を充実させて欲しいと思います。

その他の研究費・奨学金など

ここまで学振特別研究員制度について説明してきましたが、これ以外にも様々な奨学制度があります。ここではそのうち代表的なものを紹介します。これ以外にも所属研究室によっては、TA・RAの斡旋や、出張費や書籍費などを研究費によって援助してもらえる場合があります。研究室の先輩に積極的に話を聞いてみたりしましょう。

日本学生支援機構 奨学金制度

独立行政法人日本学生支援機構が行っている奨学金制度です。収入によって第一種(無利子)・第二種(利息付)それぞれ数段階の月額給付金(5万円〜)を受けることが出来ます。この奨学金は返還義務がありますが、「特に優れた業績による返還免除」制度というものがあり、所属研究科内の審査が通れば奨学金の全部または一部の返還免除が認められます。

民間財団の奨学金

給付金額や申請方法、大学の内部専攻の有無などはそれぞれの財団毎に異なります。詳しくは大学による奨学制度のまとめや所属の事務に確認してみましょう。

例)本庄国際奨学財団 日本人大学院生奨学金:直接応募、月額15〜20万円の給付、11月に募集

リーディング大学院

リーディング大学院とは、文部科学省や独立行政法人日本学術振興会が中心となって公募・推進した事業であり、「広く産学官にわたりグローバルに活躍するリーダー」を養成するための学位プログラムが日本の各大学を対象に組まれています。昨年度、東京大学では「数物フロンティア・リーディング大学院(理学系研究科の一部分野対象)」「統合物質科学リーダー養成プログラム(工学系研究科の一部)」「ソーシャルICT グローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム(情報理工学系研究科)」が採択され、それぞれのコース生募集が行われました。内部の選抜試験や書類選考を経てコース生に採用されると、副指導教官がそれぞれの学生に付き、さらに毎月奨励金が給付されます。コースの終了には規定の講義の履修や研究訓練・インターンシップへの参加が必要となります。

大学院進学サイトTOPへ戻る

資料請求はこちら

東大生協からのご案内


院生生活の基礎知識

  • 学部と大学院の違い
  • HOW TO研究
  • 博士進学について
  • 就活のススメ

東大生協の住まい探し

  • 本郷キャンパス物件情報
  • 駒場キャンパス物件情報
  • 柏キャンパス物件情報
  • 便利なお部屋探しマニュアル

便利ウェブサイト一覧