「鶏から南蛮丼(大)」を注文したところ

2016年09月14日 |

お店:WEBひとことカード

Q:

本日13時ごろ「鶏から南蛮丼(大)」を注文したところ、五つある唐揚げの内

明らかに小さいものが二つ乗っており、余りにも他とサイズが違うので

観察したところ、二つに割れている面(衣が剥げ、肉の繊維が切れている)が

見つかりました。

恐らくこれらは元々一つの唐揚げだったもので、僕の丼には実質四つしか

乗っていなかったことになります。

ところで、僕の丼は前の方の鶏から南蛮丼に比べても2倍近く提供に時間が

掛かっており、特に鶏のから揚げを乗せるだけのところで手間取っていました。

更にその提供後、唐揚げが切れていたようです。

もしかして、足りない唐揚げを半分に切って増やしたのではないですか?

そういうことをされるのは、客を舐めているように感じるし、大変不愉快です。

眼鏡をかけた中年女性店員の方、ばれないと思ってちょろまかそうなどと思われて

いたのではないですか?

前々から思っていましたが、学食の店員の方には一部、調理盛り付けの意識が

かなり低い方が見受けられます。昼時は客数も多く、ある程度拙速な提供になる

のは構わないと思いますが、元々5個しかない唐揚げの個数が足りていないのは

流石に受け入れられません。

A:

今回は大変申し訳ありませんでした。
パート職員にも作業を確認いたしました。
今後は盛り付けの仕方等も再度確認します。

ぜひまたのお越しをお待ちしております。


過去のひとことカード

  • Archives

    • [—]2020 (356)
    • [+]2019 (1332)
    • [+]2018 (1006)
    • [+]2017 (724)
    • [+]2016 (758)
    • [+]2015 (1417)
    • [+]2014 (1105)
    • [+]2013 (776)